マラセチア毛包炎の原因

「マラセチア毛包炎」は、「マラセチア菌(癜風菌・でんぷうきん)」という真菌(カビ)が異常繁殖することで起きる毛穴の炎症です。

よく、ニキビと間違われることがありますが、ニキビの原因は「アクネ菌」という細菌なので、いくら似ていたとしても、まったくの別物なのです。

「マラセチア毛包炎」の原因となる「マラセチア菌」は、特殊な菌ではなく、健康な皮膚の表面に必ず存在する常在菌なので、誰でも発症する可能性があるわけです。

しかし、実際には「マラセチア毛包炎」になる人と、ならない人がいます。その違いは一体、どこにあるでしょうか?

まず、「マラセチア毛包炎」は、皮膚の上で異常に繁殖した「マラセチア菌」を身体が異物と判断し、攻撃しようとして働く免疫反応によって炎症が起きる場合と、「マラセチア菌」が皮膚の表面を覆っている皮脂を分解した時に生じた代謝物が炎症を引き起こしているケースがあります。

「マラセチア菌」はカビ(真菌)なので、高温多湿という条件のもとで増殖する性質があり、梅雨ごろから夏場にかけての湿気が多い時期に発症しやすくなってしまいます。

また、メイクをしっかり落としていないと、寝ている間に増殖してしまうことになります。

つまり、皮膚の表面が不潔な条件で増殖しやすいので、その結果として「マラセチア毛包炎」になってしまうというわけです。

「マラセチア毛包炎」ができてしまったら?

「マラセチア毛包炎」の原因になる「マラセチア菌」は湿気を好み、不潔になりやすい場所で増殖しやすくなってしまいます。

そのため、汗をかきやすい場所や、皮脂でベタつきやすい場所などを清潔に保つことが一番の予防になります。

また、「マラセチア毛包炎」はニキビと症状が似ているので、そのままにしておいたり、あるいはニキビの治療薬を使ったとしても治りません。

ニキビがなかなか治らないという場合は「マラセチア毛包炎」である可能性があるので、早めに皮膚科を受診しましょう。

そのうえで「マラセチア毛包炎」だということがわかれば、抗真菌薬が処方されるので、1~2ヶ月塗布していれば完治することができます。場合によっては内服薬が処方されることもあります。

皮膚科の病院で処方された薬を正しく使うことで、ほとんどの場合は改善することができます。

しかし、完治したからといって油断して、皮脂や汗によって不潔な状態になってしまうと、すぐに再発してしまいます。

治ったからといって安心せず、常に皮膚を清潔に保つことが大事です。

「マラセチア菌」は、皮脂や汗、高温多湿の環境で増殖する性質があるので、脂性肌の人や汗をかいた後は、特にお肌を清潔に保つようにすることが大事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ